ソ ラ イ ロ ノ ホ シ
dreamblue.exblog.jp
Top
カテゴリ:Book & Movie( 10 )
|
|
2005年 12月 25日 |
昨日、念願だった『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の映画を観にいきました☆
休日なので混んでるかとびくびくしましたが、意外と空いていて割といい席で観る事ができました。
で、映画を観た感想。
「え?原作読んでないと分からなくない??」
あの分厚い本2冊分(前・後編だから)をあの時間内でやることは難しいのでしょうけれど、やっぱり原作のあの内容の濃さには敵わない印象を受けました。
でも映像はとってもきれいだったし、原作のイメージを大きく逸脱しないようストーリーを展開させているところはよかったと思います。
原作これから読み返そうかしら・・・?

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子 / 静山社
ISBN : 4915512452
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by azure-star | 2005-12-25 17:24 | Book & Movie |
2005年 11月 26日 |
20日にチャーリーとチョコレート工場を観ました。
「今更かよ?!」って言葉は置いといて・・・

なんと収容人数40人くらいの映画館でした。
「新宿でこんなんかよ?!」と思わずにはいられません。

食べ放題でガッツリ食べた後だったので、かなりおなか一杯状態。
開始20分くらいは非情に眠かったです。
「面白いよ」
と聞いていたのでかなり期待していましたが、期待ほどではなかったように思います。
何も前情報がなく行けば面白いのかしら。

ただこの映画、CGばっかりかと思ったら意外とそうではないらしいです。
ちゃんと本物のチョコレートをなんと75万リットルも使っていたりとかなり凝った映画です。
要所要所楽しめると思います。
(私の場合、期待ほどではありませんでしたが・・・)

原作の本もあるんですよねー。
しかも英国ではハリポタシリーズ・指輪物語に続いて'子供の好きな本'第3位だとか。
余裕があったら読みたいなぁと思いました。

チョコに囲まれての生活にちょっぴり憧れを抱きました。

次はハリポタが観たい・・・(切実)
[PR]
by azure-star | 2005-11-26 23:08 | Book & Movie |
2005年 11月 24日 |
『ハリー・ポッターと賢者の石』の映画版をTVで観ました。

私はハリポタシリーズが好きです。
映画公開を見に行ってその世界にハマり、
「原作ってどんななんだろう?」
と思い、この本を手に取ったのがきっかけ。

ええ、もう、内容も濃くて惚れました。
気付いたら『秘密の部屋』&『アズカバンの囚人』を購入し、気付いたら『炎のゴブレット』の予約までしていました。

映画版を通してみたのは久々ですが、久しぶりに観るとやっぱりとっても面白いです。
まだダニエルくんとかが若くってかわいい♡

でも、私は・・・
原作派です!!!!
だって世界観も深いし、何よりエピソードが面白い!!映画だとはしょられる部分もあるから。
もう早く第6巻、『混血の王子』が読みたくて読みたくて・・・
映画公開もあと少しだし、逃避と分かっていても楽しみです♪

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
J.K. ローリング J.K. Rowling 松岡 佑子 / 静山社
ISBN : 4915512371
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by azure-star | 2005-11-24 00:03 | Book & Movie |
2005年 10月 16日 |
さて、久々に文庫本の紹介でも。
現実逃避病にかかっており、その緩和剤として学校帰りの電車での読書がさかんになってます。
今回は最近読んだ村山由佳さんの作品の紹介でも。

コチラ、『野生の風』です。

大雑把なストーリーはこんなかんじです。
今を時めく染織家・多岐川飛鳥、野生動物のいのちを撮り続ける藤代一馬。
ベルリンの壁崩壊の夜の宿命の出会いから、サバンナの大地にくるまれた官能のひとときへ、そして、慟哭の終局へ。
感動の、超恋愛小説。


確かに驚愕のラストですねー。
予定外の展開に驚きました。「えええ???いいのか?!これ!!」みたいな。
すごいドラマティックな展開。愛し合う2人は常に運命に翻弄されている。
まさにこんな感じでした。
すごく残酷な展開ですが、読み応えのある作品と思います。


野生の風
村山 由佳 / 集英社
ISBN : 408748792X
スコア選択: ※※※※
[PR]
by azure-star | 2005-10-16 18:56 | Book & Movie |
2005年 10月 05日 |
さて、久々に漫画の紹介でもしてみよう。

最近の一押しは妹の部屋から発掘(笑)された『のだめカンタービレ』です。

何気にこの本、巷で話題作だったんですねー。
最近漫画から離れつつあるので知らなかった・・・(汗)
昔ならとりあえず手をだしていた(自分で買い集めていた)かな、と思います。

クラシック漫画、ってことで結構重々しいとかきらびやか、というかなんか特殊な世界かと思っていましたがそんなことはありません。
コメディ要素もしっかりあり、クラシックに興味がなくてもしっかり読める作品と思います。
私としては、爆笑というよりは面白いな~→気付いたら全部読んでいた って感じですね。
ただ主人公には共感できない点も多々ありましたが・・・

少女マンガですが、読みやすい漫画と思います。
是非一度お試しあれ♪


のだめカンタービレ(1)
二ノ宮 知子 / 講談社
ISBN : 4063259684
スコア選択: ※※※※
[PR]
by azure-star | 2005-10-05 22:24 | Book & Movie |
2005年 08月 13日 |
★具合はどぅ?★のチャしもさんから、バトンがまわってきました。
というわけで答えてみま~す。


●Total volume of comic on my Bookshelf
 (本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
 数えられないです。(崩壊しそうだから) たぶん150冊くらいかと思います。
 一時期は500冊くらいありました。

●Comic thought to be interesting now
 (今面白い漫画)
 ■ひぐちアサさんの『おおきく振りかぶって』
  これはホントお勧めです!久々に新規開拓した感じです。
  
 あとは
 ・羽海野チカさんの『はちみつとクローバー』
 ・はやかわともこサンの『ヤマトナデシコ七変化♡』
 ・森本梢子さんの『ごくせん』
 などですね。あれ・・・?少女マンガ多いなぁ。
 少年誌系だと『BECK』とか『20世紀少年』や『PLUTO(プルートゥ)』も大好き。


●The last comic I bought
 (最後に買った漫画)
 ■末次由紀サンの『君の白い羽根Ⅱ』&『君の黒い羽根Ⅱ』
  これはほんとに好き!オススメです。
  『君の白い羽根』&『君の黒い羽根』とあわせて読んでほしいです!!

●Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me
 (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
 ■高橋留美子サンの『らんま1/2』
  初めて買ったのがこの漫画です。今でもすっごい好き。
  (今連載中の『犬夜叉』より・・・ をい。)
  高橋留美子サンだとあとは『人魚シリーズ』なんかもお勧めです。

 ■井上雄彦サンの『スラムダンク』
  王道ですが大好きです。完全版で初めて全部読んだんですが感動して泣きました。
  あと、最終巻読んで初めてルカワがかっこいいといっていた人の気持ちが分かりました。
  (ルカワファンの皆様。ごめんなさい!)

 ■折原みとサンの『神様の言うとおり!』
  昔すっごい好きでした。発売日にはうきうきしながら買いに行きましたね~。
  折原みとサンだと『天使のボディーガード』も好きです。

 ■浦澤直樹サンの『MASTERキートン』
  大学の図書館に置いてあって、バイト中読みました。
  今の作品も好きですが、 これは一度読む価値があると思います。

 ■かやまゆみサンの『時をかけた少女たち』シリーズ
  これはお勧めです。これを読んで歴史のウラ話を知りたくなりました。
  先日、かやまゆみ先生が亡くなられたそうです。今すごくショックです。
  ご冥福をお祈りいたします。

●Five people to whom I'm passing the baton
 (バトンを渡す5名)
Blog友達いないんですー。無理~。
というわけで、ここでストップです。
本当にごめんなさい!
誰か友達できたらそのときは地味~に回します。。。

かやまゆみ先生のこと
[PR]
by azure-star | 2005-08-13 18:10 | Book & Movie |
2005年 08月 12日 |
今日は楽しみにしていた漫画の発売日★うきうきしながらGETしました。
末次由紀先生の『君の白い羽根』と『君の黒い羽根』です。

前作から早4年!!このシリーズの続巻を今か今かと待った甲斐がありました!
今回も期待を裏切らず、すっごく面白かったです。
人の命の尊さを考えさせられたり、「精一杯生きよう」と思い返したくなる作品です。
シリーズ物の短編集なので読みやすいし、とても心温まる作品と思います。

しかしここで大問題が・・・
私、この漫画大好きなのですが、この漫画読むとせつなくて大泣きする傾向が・・・
今日は学校へ向かう前に購入し、電車の中で読んでいたんですが読み出した途端ウルウル。
涙が止められません。

私の治したい癖のひとつが、「本を読んで泣いてしまう」こと。
普通に自分の家で読書中に泣いてしまうのはいいんですが、いかんせん私の読書タイムが電車の中など公共の場なことが多いんです。
さすがにちょっと恥ずかしいです。
せめて公共の場で泣かない方法がないものか!!


君の白い羽根~DELUXE 2 (2)
末次 由紀 / 講談社
ISBN : 406341437X
スコア選択: ※※※※※

君の黒い羽根~DELUXE 2 (2)
末次 由紀 / 講談社
ISBN : 4063414388
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by azure-star | 2005-08-12 00:39 | Book & Movie |
2005年 07月 27日 |
風邪によるヒッキー生活4日目。いい加減外にでたいとウズウズしてます。
ひきこもりに我慢の限界が来たので今日は図書館で『黄泉がえり』と『コイノカオリ』を借りて読みました。

黄泉がえり
梶尾 真治 / 新潮社
ISBN : 410149004X
スコア選択: ※※※※


このお話は映画化もしているからかなり有名なんじゃないでしょうか?私は一度友達に借りて原作も読んだんですが、改めて読みたくなって借りてしまいました。
映画と原作は若干ストーリーが違うので、両方とも楽しめるかなと思います。割と読みやすい作品と思いますよー。
ただこの作品のなかに出てくるいくつかの『謎』について完全には語られていません。「黄泉がえり」してきた人とそれをとりまく人との係わり合いを軸に話を進めているので、全部が全部、解決しない話が苦手な人はちょっとうけつけないかもしれません。


コイノカオリ
角田 光代 島本 理生 栗田 有起 生田 紗代 宮下 奈都 井上 荒野 / 角川書店
スコア選択: ★★★


これは、特に理由も無く借りました。強いて理由を言うなら、『黄泉がえり』の近くにこの本があったから(笑)
あとは、表紙の感じが結構好きです。
直感で本を買うときって、タイトルとか表紙の感じできめちゃうことが多いんで。
うーん。特に胸をつかまれることは無かったなぁ。ただ短編だし読みやすいし、面白いとは思います。
特に栗田有起さんの『泣きっつらにハニー』は面白かったかな。


「読書の夏」とは言いませんが、この夏は頑張って読書しようと思います。
[PR]
by azure-star | 2005-07-27 22:27 | Book & Movie |
2005年 07月 08日 |
ハッピーバースデー
青木 和雄 吉富 多美 / 金の星社
ISBN : 432307056X
スコア選択: ※※※※



最近のお勧め本の一冊です。
元々児童書として刊行された『ハッピーバースデー 命かがやく瞬間』を加筆修正し発行された書籍です。
人と人との絆について考えさせられるお話でした。いじめ、虐待、不登校、差別、命と死等重いテーマを扱っていますが、元々が児童書ということもあって読みやすく、読み終わった後、考えさせられる本だと思います。
一日で一気に読んでしまいました。
『親と子は六十億に一つの奇跡的な出会いー』
この言葉は普段は全く意識もしないし、気づかないことですがとても大切なことなんだと思います。この本を読んで改めて気づいたことです。

こんな風に思える本をもっと読みたい、と思いました。
[PR]
by azure-star | 2005-07-08 01:24 | Book & Movie |
2005年 07月 06日 |
何をしてたんだ。私・・・
研究&就活しなきゃと学校に行ったはずが何故かおしゃべり三昧。楽しみましたが(笑)
開き直り、って大切だなぁと思う今日この頃です。何故かいつもより情緒不安定を抜け出してます。ほっ。
おかげで楽しくおしゃべりできました。途中ぼーっとしましたが。
内容は・・・、まぁ今タイムリーな就活とか学会の話とか好きな芸能人の話なんかですかね。大学院に通っている身で「学会」は避けては通れない道らしいです。研究進まない身では避けたくなくても避けることになりそうですが。


いま、会いにゆきます
市川 拓司 / 小学館
スコア選択: ※※※※



あとは『いま、会いにゆきます』についてのおしゃべりです。
『いま、会いにゆきます』は映画化もして、7/3からTBSで連続ドラマとして放映してます。
私はまだ映画&ドラマは見てないんですが、原作は本当に好きなんです。
なんて言うんだろー・・・ 人の出会いには必ず別離はあるけれども、それでも精一杯お互いを慈しみ愛することの大切さを語っているというか・・・ 日常の何気ないあたりまえのことが幸せなことなんだ、ということを改めて感じさせられました。
うまくはいえないですが私は「切ない」感じがとっても好きです。初めて読んだとき涙がでました。初めて読んだとき、こういう風に相手を思ったり、思われたりするような人とめぐり合いたいなぁと思いました。
映画版のDVDも販売されましたし、早く見たいなぁと思う今日この頃でした。
[PR]
by azure-star | 2005-07-06 00:40 | Book & Movie |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Dia-Drop Skin by Sun&Moon